スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

怪物は飛翔できるのか

コーン畑

 ここ2、3日はファイターズのニュースがない。スポニチの「中田翔、菊池に白旗宣言」くらいか。
 ところで、西武は工藤を菊池のコーチ役として獲得したということにさっき気づいた。なるほどねえ。
 それはいいが、中田翔。江川、清原、桑田、松井秀喜や松坂を高校から見ている者にとって、中田翔のプロ入り後2年間の成績には落胆してしまう。鳴り物入りだっただけに、今年はやってくれるだろうと期待していた。同期の由規と唐川が今シーズンはチームの戦力として働いているのに比べて、中田は1本のホームランも打っていない。あるいは梨田が積極的に若手を使っていくタイプならば今シーズンに開花したのだろうか。だが、数少ない1軍での打席はふがいなさばかりが目についた。
 3年目となる来シーズンが中田にとっては勝負の年になるだろう。活躍しなければ、もう忘れられる。
 クライマックスシリーズのときに気づいたのだが、代打で登場した中田翔はガムをぐっちゃぐっちゃ噛んでいた。で、あっけなく三振。
 ガムが似合わない。言わせてもらえば、そういうの10年早いよ。

        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。