スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

コペンハーゲンで怒り狂う石原慎太郎

しゃかい

 あと数時間で2016年の五輪開催地が決定する。東京は圧倒的に不利な状況のようだが神風が吹くことを祈るのみだ。ウソだけど。
 これでシカゴか東京に決まったら不自然だろう。委員、なんかもらったな、ということになる。リオデジャネイロ五輪、楽しそうだ。開会式なんか武富士をはるかに凌駕する大量のダンサーたちが激しく踊り狂うだろう。スタンドでは大玉転がしに使う大玉くらいの大きな爆竹がバンバン破裂して。
 今朝のワイドショーを見ていたら、慎太郎、かなりイラつき気味。つきまとうレポーターのマイクを「うー」とかうなりながら払いのけていた。なんであんなに偉そうなんだろう。日本郵政の西川社長とか森元総理のマスコミに対する傲慢な態度もすごいけど、あの世代の特徴なのか。にしても、そんなに偉そうな態度を取る根拠はなんなんだい。
 とにかく、慎太郎はいつでも威圧的でおっかないから周囲のブレーン、都の職員連中も何も言えないまま、ここまで来てしまったのだろう。猪瀬直樹も見事な腰巾着ぶり発揮だ。暴走を止めなかった猪瀬の責任も大きいぞ。
 五輪誘致に失敗したら、慎太郎は荒れ狂って八つ当たりしまくりだろう。都職員、かわいそうに。ブランデーグラス片手に誰彼構わず恫喝する慎太郎。考えただけでも怖い。「頭に来たから俺ぁヨットで日本に帰るよ」と言い捨てて、寛平ちゃんのヨットに勝手に乗っちゃいそうだ。「安っぽいヨットだな」とか文句言いながら。
 思い起こされるのはサッチー。あれも怖い。慎太郎と同じで周囲の人間を完全に力で制圧している。カツノリがプロ入りしても、スタメンになっても、サッチーが怖いから誰もなにも言えない。挙句の果てに引退したら一軍のバッテリーコーチだと。現役時代の実績と指導者としての実績はリンクしないということは数々の実例が証明しているのだが、カツノリではねえ。でもサッチーの庇護下にずっといるカツノリの態度もどうなのか。一茂も王理恵も立派に独立したというのに。
        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。