スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

内川でいいのか?

 昨日、日本プロ野球界に衝撃的な出来事が立て続けに2つ、起こった。
 一つは言うまでもなく、ファイターズが優勝を逃したことである。ファイターズフリークの友人は、当日券で観戦できそうだという情報を得て、仕事を早退してきのうの午後3時に帯広から札幌へ向かった。車で峠を越えて3時間かかる。先ほどメールが来て、今日も観戦するらしい。ファイターズが優勝するまで札幌に居座る決意をしたようだ。
 仕事、大丈夫なのか。
 きのうの試合を見て、ファイターズファンとしてライオンズファンに、どうしても聞きたいことがある。「高山って誰?」と。
 あの一発がなければ、スウィーニーは6回まで行けた。そうすれば救援陣もどっしりと構えられた。そして優勝した。3回の小谷野のツーベースで4-1になったとき、ファイターズファンは誰もが「あ、ワンサイドになる。」と思い、優勝を確信したはずだ。北海道中が祝祭ムードになった。そうした夢を粉砕したのが、直後の高山の2ラン。
 しつこいようだが、ライオンズファンにお伺いしたい。「で、高山って誰?」。
 さて、昨日、日本プロ野球界に起こったもう一つの衝撃的な出来事は、今朝のスポニチを見ればわかるとおり「横浜・内川がフジ・長野翼アナと真剣交際」というニュースだ。
 2人はWBC期間中に知り合ったらしい。なるほど、WBCの活躍はそういうわけだったのか、内川。まさにWBC秘話。それにしても内川か。
 長野アナ、好きだったのに。
        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。