スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

蓮舫

レンガサイロ2009

 行政刷新会議による事業仕分けが粛々と行われている。弱い者いじめというのは極上の快感を得られるので、仕分け人はとても気持ち良さそうだ。
 十勝の基幹産業である農業関連については、国の補助金に依存してきた体質もあり、厳しい結果となりそうだ。
 気持ち良さそうに役人に説法している仕分け人連中は、日本中の農業集落の現状を把握した上で議論しているのだろうか。しているわけないけど。
 農村の活性化を図る事業「田舎で働き隊!」が俎上に載せられたとき、仕分け人の蓮舫議員は「農林水産省としてやらなければいけないのは、農業の再生だと思うんですよね」とおっしゃった。蓮舫、いつのまにか偉くなったものだ。
 蓮舫よ、最近は目を吊り上げて張り切っているが、その態度はなんだね。
 例えば十勝の酪農家。1年365日、休みなしで朝4時に起きて夜は7時8時まで働いている。冬の朝はマイナス30度になる過酷な環境の中で、朝4時から蓮舫と同世代の女性が牛舎で搾乳をして、子牛にミルクをやり、休む間もなく家族の朝食をつくり、子供を学校へ送り出し、除雪をして、じいさんばあさんを病院へ連れて行く。帰ってきたら牛舎で牛にエサをやり、家の掃除と洗濯をして夕方の搾乳をして子牛にミルクをやり、家に戻って夕飯をつくる。
 そういう生活を1ヶ月でも体験してから物を言えよ、蓮舫。農道整備は無駄とか簡単に言うなよ。蓮舫なのにわかった顔して農業を語るな。
 蓮舫のくせに。
 
        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。