スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

ダルビッシュ骨折

 ダルビッシュ骨折の責任の所在はどうなるのだろう。球団としては事を荒立てないようにしようとしているようだが、それでいいのだろうか。
 最終的にダルビッシュを投げさせたのは梨田監督とファイターズのファンだ。最大の責任が、この両者にあることは明確だろう。
 吉井コーチは自身のブログで第2戦のダルビッシュ強行登板は首脳陣の責任だと書いている。つまりは最終的な決裁権を持っている監督を暗に批判している。
 梨田監督に「いけそうか?」と聞かれたダルビッシュが「無理です」と答えられるわけがない。ダルビッシュは男だからだ。最近になって「とても投げられる状態ではなかった」とダルビッシュはコメントしている。
 つまり梨田が本人に登板の意志を確認したということ自体が、「チームのために登板せよ」という、監督から選手への業務命令なのである。そのことに気づかず、目先の1勝に執着した梨田の責任は重い。
 それからダル登板がコールされた瞬間に歓声を上げ、ダルの快投に喝采を送った札幌ドームと茶の間のファイターズファンは、今後、この問題にどういうアクションを起こすべきか、一人一人が考えるべきだろう。ファンとして軽薄すぎる。
 今回の件を「志願の登板!すばらしい!」という美談で片付け、すべての責任をダルビッシュに押しつけることは絶対に許すべきではない。
        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。