スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

イチロー10年目の境地

 他のメジャーリーガーと違って、シーズン中、イチローのコメントはほとんど聞こえてこない。ところがイチローはオフになると一転して饒舌に語り出す。そんなイチローのインタビューを聞くのは、ファンにとってはオフの楽しみの一つだ。  
 サラリーマンの場合、月曜から金曜まで真剣勝負して土日にオフ、という周期が多いだろう。5日オンで2日オフ。それを考えるとプロ野球選手は大変そうだ。2月から10月までスイッチオンの状態が続く。イチローは試合に勝ったあとのベンチ前でのハイタッチをすごく重要視していると言っていた。緊張を解いて喜びを味わえる唯一の瞬間だからだそうだ。グラウンドからロッカールームに引き上げたら、もう明日のゲームのことを考えるらしい。
 そんな日々が8ヶ月ほど続くのだから、その分、短いオフは選手たちにとって貴重な時間なのだろう。インタビューで調子に乗ってご機嫌にしゃべるイチローはオンのときのテンションとオフのときのテンションの振り幅がとても大きいように見える。一流の選手ほどこの振り幅は大きいのかも。注意して見ているのはイチローだけだから確証はないけど。
 イチローはオフのさまざまなインタビューでシーズン中に感じたこと、技術的なこと、とにかく洗いざらい話す。元来がおしゃべり好きな男なのだろう。そしてメディアで言いたいことをぺらぺら話すことが、ストイックなシーズンを乗り切った自分へのささやかな報酬なのかもしれない。
 BS「絆~イチロー10年目の境地~」は今オフ、メディアに流れた最初のインタビューだった。 
 このインタビューのクライマックスは、08年シーズンの、イチローがチーム内で孤立しているという噂の真偽から、今シーズンの200本安打達成時にチームメイトたちがイチローを祝福するまでのドラマをイチロー本人が語った部分だろう。これはとてもいい話だった。
 番組は50分間だったが、イチローはそのうちの40分間は話し続けたのではないか。チーム内の人間関係の難しさについてもかなりの時間を割いて話していた。メジャーリーグのチームも例外なく人間関係の問題があり、それは常に流動的。移籍してきたフィギンズやルーキー選手との交流、ケン・グリフィー.Jrの引退騒動、最下位に沈んだベンチ内のぎくしゃく、そういったインサイド・ストーリーをイチローは包み隠さず披露した。
「困難を克服するために必要なのは精神力ではなく技術力。人間の精神力なんて信じていない」という言葉も印象に残った。日本人が大好きな曖昧な「精神論」をきっぱりと否定するイチローはすがすがしい。
 イチローはシアトルを愛しているので、マリナーズの選手としてワールドチャンピオンになるのが夢だと語っていた。優勝するために強いチームに移籍して、結果的にワールドチャンピオンになっても、それは自分としては意味がないという。
 多くの選手がFAを活用してチームを移るのが当たり前の今、こうした時代錯誤な発言をするイチロー。
 イチローのこういう真っ直ぐさがとても好きだ。

南東を仰ぐ

        

コメント

さすが・・・

イチロー。
見ていて気持ちいいですよね。

西岡が優勝したとたんメジャーに行きたいとか聞くと、
メジャーに行きたいが為にがんばってたの?って思っちゃいますよね。
チームの為じゃなくて、自分の為の優勝だったのかなって。
ファイターズで言ったら賢介みたいな立場の人ですよね!?西岡って・・・
そうゆうのってファンとしては淋しい気持にならないのかなぁ。
それを思うとイチローはかっこいい。

へぇ、帯広スポーツ、ねぇ。
こういう企業が特定の選手を支持して他の選手を馬鹿にするような不公正な記事書いていいの?
訴えられて即倒産もありえる怖い世の中だよ~
まぁ書いてるのは三流企業にふさわしい無能な社員なんだと思うけど笑

Re: あ

久しぶりにバカからコメントが来たのでみなさんい紹介します。「不公正な記事」ww
訴えてみろ、バーカw

> へぇ、帯広スポーツ、ねぇ。
> こういう企業が特定の選手を支持して他の選手を馬鹿にするような不公正な記事書いていいの?
> 訴えられて即倒産もありえる怖い世の中だよ~
> まぁ書いてるのは三流企業にふさわしい無能な社員なんだと思うけど笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。