スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

さよなら、稀哲

 横浜への入団を表明する稀哲は晴れ晴れとした表情に見えた。

 攻守にわたりスピード感にあふれたプレーをする稀哲は新生ファイターズの黄金期を支えるにふさわしいリードオフマンだった。
 稀哲といえばドラゴンボールのピッコロに扮した写真がすぐに引き合いに出される。稀哲=パフォーマンスという枠組みで、だ。稀哲は今回の移籍に際しても、パフォーマンスが自分に課せられた役割りなので横浜でもやる、ということを暗に匂わせている。
 だけど、稀哲の選手としての価値はパフォーマンスではなくて、攻守に渡るキレのあるスピード、パンチの効いたバッティングにあることを道産子ファンは知っている。パフォーマンスは新庄のものであって、稀哲は道具として使われたに過ぎない。稀哲がパフォーマンスに積極的ではないことはファンなら誰でも知っている。
 稀哲は深く、暗く、静かに思考するタイプの選手だ。新庄引退後は、元来は向いていなかったパフォーマンスをほとんど行わず、アンダーシャツのネックの部分にはハングル文字の刺繍を入れた。あのハングル文字について、北海道のファンは見ないふりをしているが、たとえばネット空間でどのような評判になっているのかは「森本稀哲 アンダーシャツ ハングル」で検索してみればいい。この国で稀哲がアイデンティティを保つために下した決断の重さが理解できる。そして、札幌ドームへ野球を楽しみに来ているファンに民族問題を突きつけるような、明るいパフォーマンスとは対極にあるシリアスな側面が稀哲という選手の本質でもある。
 ファイターズが常勝軍団になるとともに稀哲も日本を代表する1番打者に成長した。明るいチームカラーの中でのびのびとプレーする、というのが内向的になりがちな稀哲にとってはベストな環境だったのかもしれない。
 監督が梨田に交替してから稀哲を取り巻く状況は一変する。梨田という男は、今シーズンの武田久の起用法でも顕著になったが、選手のプライドというものに無頓着な人間である。無頓着というよりも、そうしたことに気を配れない鈍な人間なのかもしれない。
 稀哲は梨田の最初の犠牲者になった。梨田は、ファイターズ不動の1番打者という稀哲の特権を奪い、バントのサインを出し続けた。昨年の日本シリーズではチャンスで稀哲に代打を送っている。札幌ドームでの日本シリーズという舞台で代打を送られた稀哲の屈辱的な気持ちを梨田は汲み取ることができない。
 余談になるが、来シーズンは金子誠と信二が、稀哲や久と同じ目にあう気がしてならない。
 ともすれば内向きになる稀哲という人間には広い北海道が合う。思いっきりボールを追えるセンターというポジションが合う。力いっぱいバットを振って全力で一塁へ走るトップバッターという打順が合う。
 この2シーズン、稀哲はこのうちの2つを奪われた。翼を失くし沈み込む稀哲の姿をファンはじっと心配しながら見てきた。だから、今回の彼の決断には素直にエールを送るしかない。
 ファイターズの黄金期を支えた北海道のリードオフマン、稀哲。道産子は新天地での彼の活躍を祈ろう。 

 さよなら、稀哲。
 
43.jpg

        

コメント

こんばんは。 

森本選手の移籍に関して、日ハムファンの中から、批判的な意見が少なからずありましたね。人それぞれの考え方ですが、私は、他人の人生に自己犠牲を求めるのは酷だなあと思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

テガミバチさんへ

コメント掲載が遅くなってしまい申し訳ありません。
確かに人それぞれ。それにFAは権利ですから、それを選手が行使するのは当然ですよね。
新天地で活躍してほしいですね。

去年から毒っぽいこちらのブログのファンでした。
再開してくれた時は嬉しかったです。

ひちょり。
個人的に大好きだったんです。
だから今回のハム太郎さんの記事は本当に心打たれました。
すごく嬉しいです。
寂しいけど・・・稀哲の活躍を祈ります。

かんぺいさんへ

僕も稀哲、好きです。
ファイターズの中では稀哲と金子誠が大好き。
だから今回の移籍はかなりショックです。
見る機会は激減するだろうし...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。