スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

嵐の札幌ドーム

 家族で札幌ドームへ嵐のコンサートを観に行った。翌日に帯広で用事があったので、車で日帰りだ。
 帯広から札幌までは片道200km、途中、日高山脈という難所もあるから、だいたい4時間はかかる。往復400kmで8時間。行って帰ってくるだけでかなり疲れる。でも娘が嵐のファンなので仕方がない。
 初めての嵐コンサートへ行くに際して、関係筋から広く情報収集した結果、次のようなことがわかった。

その1.ドームの駐車場は閉鎖される。

その2.でも地下鉄はすごく混む。コンサート後、ドームから福住駅まで3時間かかる。※ちなみに福住はドーム最寄りの駅で、通常は歩いて10分もかからない。

その3.コンサート必携の嵐グッズは朝から販売されるが、買うのに3時間は並ぶ。油断していると、開演時間に間に合わなくなる。

その4.ファイターズ戦のときとはまるで違う混乱ぶりになるので、すべてに余裕を持って行動しなければいけない。

 以上を踏まえて、帯広を朝4時に出発。櫻井翔のために朝4時。
 星がきれいな帯広を出て、夕張で夜明けになり、早朝の千歳を走り抜けてドームに着いたのは7時半。開演は18時。それなのに、ドーム周辺はすでに大渋滞。歩道を見ると、若い女の子たちが間断なく足早にドームへ向かっている。ドームを周回する道路には10mごとに警備員が立ち、駐停車禁止の赤いコーンが隙間なく並べられている。車を駐車する場所がないので、グッズ買い班の妻と娘を降ろし、息子と時間をつぶすことにした。
 午前11過ぎに妻から「グッズ購入完了」の連絡があり、ドーム近くのガストで落ち合うことになった。昼のドーム周辺は朝にもまして混乱の度合いを強めていた。札幌中心部からドームへ向かう国道36号線は大渋滞。まったく進まない。ドームへ近づくにつれ、歩道は若い女の子たちでぎっしりと埋め尽くされている。ようやくガストへ着いたが、札幌方向からだとガストへは右折で入らなければならない。歩道には嵐ファンの女の子たちの行列が一瞬も途切れることなく続いている。ポイントごとに交通整理の警備員が立っているのだが、なぜかガスト前にはいない。バカみたいに10分ほどウインカーを出したまま待った。ようやく駐車場に車を止めると、横のコンビニの駐車場でおじさんが警備員ともめていた。おじさん、嵐ファンの人波にもみくちゃにされながら、すごい声で怒鳴っている。どうやら、いつもとまったく違う雰囲気に極度の興奮状態に陥ってしまったようだ。
 ガスト店内およそ120席は嵐ファンが占拠していて異様な雰囲気。9割9分までが嵐ファンの女の子。外国に来たみたいだ。異国の文化圏に1人だけいる気分。うちの家族の隣りの席の4人組は大阪から来ているOLのようだ。テーブル回りに嵐グッズを山積みにして、頭に大きなリボンをつけ、互いに仕事の悩みをこぼし合っていた。総務に派遣で来ている人は仕事ができて性格もいいのに、課長はあからさまに差別するから見ていて許せない、という話題。それから会社の有給休暇の制度は有名無実化しているのでは、という話題。その後、先日行われた京セラドームでの嵐コンサートの反省に話題は移った。ちゅぱぁーとタバコをふかしながら、OL4人組は関西弁でそんなことを延々としゃべっている。ちなみに嵐ファンの喫煙率は高いようで、ガストの店内は男がほとんどいないにも関わらず、タバコの煙でもやがかかっていた。
 ガストに来ている嵐ファンたちは、大半が夕方までここで時間をつぶすという決意を固めているようで、ほとんど帰ろうとしない。入り口には目のつり上がった嵐ファンが長蛇の列で待っている。うちの家族が会計していると、並んでいる女性が「さっさと金払って帰れよ」と小声で毒づいていた。
 ガストの駐車場から車を出すのにまた10分ほどかかったのち、札幌駅へ向かい、開演まで時間をつぶした。
 ようやく夕方になり、車を預けて地下鉄でドームへ。地下鉄も駅からドームまでの道も、もう大混雑。大混乱。
 その後のことはよく覚えていない。でも嵐はすごかった。良い悪いではなく、すごかった。そして嵐ファンのすさまじさ。嵐ファンの狂乱ぶりに比べれば、9回裏の稲葉ジャンプもウイスパーボイスだ。
 コンサートが終わり、帯広の自宅に着いたのは深夜2時だった。

ジャニーズ文化圏

        

コメント

九州から北海道への追っかけもいるようですな。

飛行機代・宿泊費用がもたん。

さくやさんへ

嵐のチケットは抽選でしか買えないようです。熱心なファンは全国ツアーすべてに応募して当たったらどこでも見に行く、ということみたいですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。