スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

杉内と西岡とダルビッシュと日本シリーズと私

 144試合を戦って3位でフィニッシュしたロッテが日本シリーズへ駒を進めた。敗者のソフトバンクはリーグ覇者にも関わらず、何も手にすることができなかった。
 5回表、清田を歩かせて満塁となった瞬間に突然、精神的にも肉体的にも限界を超えた杉内。マウンドに悄然と立ちつくす姿は、このシリーズで最も印象的だった。エースの差が出た、というのはあまりに酷。寸分のコンディションの差だったのではないか。
 試合は今江のボテボテがエビ反りダイビングで飛び込んだ川崎のはるか先をかすめてセンターへ抜けた瞬間に決まった。
 8回、大松が残酷なダメ押し。球場全体に弛緩した空気が流れはじめた。ロッテとソフトバンク以外の多くのファンはここでチャンネルを替えたのではないか。
 ダルビッシュが唐突にファイターズ残留をブログで表明したのは、まさにこのタイミングだった。
 ファンサービスを念頭に置くダルビッシュが来季の動向を発表するのは、公式戦に影響の出ない日本シリーズ終了後、早くてもCS終了後と見ていた。それだけに半日早いフライング気味の発表には虚を突かれた思いだ。
 残留の理由は報道されているとおりだろう。本人と球団の成績不振により、年俸の大幅アップがなくなったというのも大きいと思う。それよりも不思議なのは、今回、なぜこれだけメジャー移籍の報道が先行したのかということ。誰がダルビッシュのメジャー移籍を望んだのだろうか。本人なのか、球団なのか。
 とにかく、これでファイターズファンの懸案事項は一つ片付いた。賢介問題、ひちょり問題についても日本シリーズ前には結論が出るのではないか。
 きのうの試合後、西岡がソフトバンクファンへ向かって頭を下げて感謝の意を表していた。その瞬間から球場の雰囲気は一変。敵地とは思えない和やかで感動的なセレモニーとなった。西岡は線が細くてイマドキのチャラチャラしたイメージがあり、好きな選手ではなかったが、これからは応援することにした。
 日本シリーズ。勝つのは中日だ。落合に考える時間を与えすぎた。ロッテは勢いづいている分だけ制御が利かず、落合の術中にはまりやすいだろう。
 ロッテ-中日の日本シリーズといえば、巨人のV10の夢が散り、長島が引退したシーズンと同じ顔合わせだ。

レンガサイロ2009

        

コメント

プロ野球については「ファイターズがいつも100対0で勝てばいい」程度のファンです。選手ですとか周辺情報についてはほとんど興味がなく、全くの門外漢といっていい。「でも昨シーズンは日本シリーズ観戦でドームに出掛けましたが」

年棒があがらないのであれば、余計大リーグにいったほうが稼げるんじゃないかと考えるのですがいかがでしょうか。ワタシは子育てというか家族の問題なのかしら、と思いついたのですが。

それにしたって、来季残留というだけでそれからあとはワカらないわけでしょう。長期的に見た場合の不安要因が除去されたわけでもないよねー。来季、常時上位で優勝争いするくらいでなければ、札幌ドームの入場者数はまた減るんだろうな。

現在のドームの社長はHBC北海道放送の元社長なんですって。日ハムオーナーと密談したりしているらしい。まー、オレには関係ないけど(笑)。「ストーブリーグが近いですな」

萬造先輩へ

はぁ~、おじさんからしかコメントが来ない。
一度でいいから女子大生と楽しくコメントの応酬をしてみたい。
今回のダル騒動、釈然としませんねえ。これだけ報道されていたのだから、実際に移籍の動きはあったはず。
ダルに圧力がかかったのか、球団と何らかの取引きをしたのか、紗栄子か。
社会人として、チャンスがあれば高いステージで仕事をしたい、というのは当然の願望なはず。今回は何かの事情でメジャー移籍を断念せざるを得なかった、というのが真相ではないでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。