スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

ファイターズファンよ、今こそポジティブに!

 日本中の大多数のプロ野球ファンとメディアがほとんど注目していないパの3位争い。つつましくひっそりと盛り上がっている。
 しかしファイターズ、負けた。勝で負けちった。勝が打たれて負けちったんだから仕方がないけど、絶対に負けちゃだめなところで負けちったのはなんとも痛い。絶対的な安定感でここまできていた勝が、普段ホームランを打たないやつ、それも2人にひっそりとソロを打たれて負けたのがなんともいたたまれない。
 血管が切れたりしたら困るから、ファイターズファンはこれで終戦と思っておいたほうがいい。どう考えても、考えようもないわけだけど、ロッテが圧倒的に有利。
 しかし、最近はチーム状態が良くてうやむやになっていたナシダ迷采配だけど、きのうの「稀哲に代打」はやっちまった感じ。
 試合が始まれば、監督のお仕事は「流れ」をいかにして引き寄せるか、ということのみ。流れを引き寄せるためには、臨機応変に対応するのがもちろん重要だが、先を読んで先手を打っていくというのも不可欠な戦略。ナシダはそういうのができない。ひたすら場当たり主義。雰囲気だけ、と言ってもいいかも。
 昨夜のゲーム、流れは負け試合。ベンチとしては流れを変えるというのが責務なわけだけどさ、あそこは稀哲で行くのがセオリー。完全にスランプに陥っている稀哲だが、ようやく調子上昇の兆しが見えていたわけだから。あそこで代打を送ったことで、流れは完全に決まってしまった。坪井を出すなら6回の陽のところだった。
 前半戦の見事な最下位ぶりですぐに更迭だろうと思われたナシダだが、なぜか居座り続けて迷采配を振るい続けた。結果として、若手の育成という今シーズンの課題はクリアできず。期待どおりの活躍を見せてくれたのは糸井くらい。でも糸井、若手じゃないし。あとの若手は単発的な活躍。一瞬のきらめき。まぐれ当たり。「これは来年が楽しみですねえ」という毎年恒例の先送りだ。ブレイク確実と言われていた陽は打率が2割前半、中田なんかホームランがたったの9本だって。若手投手陣にいたっては、とうとうローテーション投手が現れず。ったく、なんだよ、おまえら。
 中田や若手の投手陣に関しては、ナシダが辛抱すれば違う結果が出たかも知れない。でも、それをできないのがナシダ。中田も出してもらえるんだかなんだかわからん落ち着かない状態だ。そりゃゲッツーも打つよ。
 ダルのメジャー移籍、賢介と信二のFA移籍、主力選手の高齢化。ファイターズ凋落のシナリオは見えている。振り返ると2010シーズンがターニングポイントだった、なんてことになるかも知れない。
 佳境を迎えた3位争い。CSに進出できない屈辱は、ファンとしては受け容れがたい。でもAクラスを逃せば、さすがにナシダは解任となるだろうから、その点はチームにもファンにも朗報。
 そんなポジティブシンキングで残りのシーズンを過ごすのも手だ。

ペンギン

        

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

梨田さん

来季も続投決まったそうですよ。
来年のカレンダーにも入ってるし。。。

梨田の続投は「なしだ!」にならんかのお(苦笑)。しかし、山田がゼネラルマネージャーのうちは解任動議は「やめだ!」か。http://ameblo.jp/fs-blood/entry-10545310302.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。