スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

ロケットスター引退でサプライズ!

 帯広は暑い。家の前の道路の雪が解けてアスファルトが見えてきたので、3ヶ月ぶりに息子と外でキャッチボールをした。冬の間、野球少年団の練習はずっとビニールハウスなので、やはり外は気持ちがいい。ボールを逸らすと雪の中に深くはまりこむのが玉に瑕だが、ビニールハウスではできないフライの練習もできる。
 しかし、冬の間に息子はけっこういい球を投げるようになった。こちらはこの1年で近眼と老眼が急速に進行しているので、そろそろキャッチボールが怖くなってきた。動体視力が落ちた気がするのだ。トイレも近くなったし朝は5時に目が覚める。

勝毎1
 今日は帯広が生んだロケットスター・金メダリスト清水宏保の引退セレモニーが明治北海道十勝オーバル、通称オーバルで行われた。十勝のスピードスケート少年団の小学生たちはみんな参加したようだ。B級カルト系地方タブロイド紙である十勝毎日新聞はここぞとばかりに総力特集だ。田舎なので新聞ネタがなく、いつもスカスカな紙面の十勝毎日新聞だが、この手の地元ネタでは圧倒的な強みを見せる。その偏向報道ぶりが愛おしい。なお記事写真中の清水の横にいるスーツ姿のおばさんはアマゾネス橋本聖子。


 勝毎2
 全部で3面を清水引退に割いている十勝毎日新聞。やりすぎ、そして調子に乗りすぎ。この新聞はこういうところがバカ。
 しかし、金メダルのときは帯広でパレードなんかやったんだ。まったく記憶にございません。清水の横の島崎京子が懐かしい。


勝毎3
 引退会見の模様もこの扱い。ハンパねえ!
 などと、いつものように十勝毎日新聞の間抜けぶりを楽しんでいたのだが、ん?左下に長島圭一郎の記事が小さく載っている。ジョージの隣で微笑んでいるのはもしや?

俺の小平
 俺の小平奈緒だった。笑ってる。穏やかに笑ってるよ。
 しかしバンクーバーのメダリストは清水の引退セレモニーにそろって欠席か。それはそれでどうなのか。

        

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。