スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

レフトは村田で決まりか?と思いつつ帯広でキレる

朝の雪
 天気予報で雪が降ると言っていたので、ある程度の覚悟はして寝たわけだが、朝起きたらやっぱり雪。
 だいたい例年3月にちょいと雪は降るのだが、この時期の雪はどうせすぐ解けるとわかっているだけに腹が立つ。


埋まってる
 埋まってるしぃ。まずは、なにはなくとも車を発掘しなければならない。


ありがたや
すっきり
 どうするか思案していると、除雪車がやってきて家の前の道を開けてくれた。
 モチベーションが上がる。


前
 とりあえず、車を発掘して道路に出し、一服。この段階ですでにかなり雪まみれ。怒りがこみ上げてくる。


松本
 ママさんダンプ。我が家ではダンプ松本にちなんで「松本」と呼んでいる。
 今シーズンはもう使うことはないだろうと、かすかに期待してたのに。


怒涛の寄せ
 松本で雪を寄せる。そろそろつらくなってきて、やり場のない怒りが強くこみ上げてくる。もうすぐ春なのに、なぜこんなつらい思いをしなければならないのか。意味がまったくわからない。


          スプリングスティーン号
 そして除雪機「スプリングスティーン号」登場!もちろんブルース・スプリングスティーンにちなんで命名。


          吹き飛ばす
「ボーン・イン・ザ・USA」を熱唱しつつ、アクセル全開。


後
 怒りパワーのおかげで40分間で作業終了。筋肉痛は2日後に来る。


国道除雪
それでも除雪
除雪だ除雪だ!
 シーズン最後の本降りと見込んでか、除雪車はフル稼働している。これで年度内に除雪関係の予算を消化できたはずだ。


匠カブ
 20年前、東京から帯広に来たときからずっと疑問なんだが、車で配達したほうがいいのではないか、その郵便物。


解けてるしぃー
 午後になったら晴れた。春の強い陽射しがどんどん雪を解かす。もしかして雪かきしなくてよかったのでは、という疑問が生じる。

        

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。