スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

ファイターズのオープン戦2試合を観ての感想

うらやましいよ、ファイターズにうつつを抜かすファン人生

 やっと野球シーズンが動き出す。今朝の「サンデーモーニング」スポーツコーナーも日米のキャンプ情報。ファイターズ史上最強打者のハリさんは日本人メジャーリーガーのキャンプ情報について「イチロー以外は誰も活躍なんてしないんですから取り上げる必要ないです。時間の無駄。松井も例年どおりの数字がいいとこでしょう」と日曜の朝から毒を吐きまくっていた。ま、そのとおりです。 
 国内でも今週からオープン戦が本格化し、そのまま開幕という道がはっきりと見えてきた。春だ。近田春夫&ハルヲフォン。
 今シーズン、ブルジョワ球団ナベツネジャイアンツをぶっ倒して日本一になる我らがファイターズもいよいよ本格始動。
 怪物中田翔はこの2日間で7打数5安打とノリノリ。
 中田翔はタモリに会ったら「髪切った?しっかし色、黒いよねえ。そいじゃちょっとCMで~す」と言われるだろう。
 どうなのかねえ、岩隈から打った2塁打。岩隈、打たせたっぽい。ノムさんが監督なら「わざと打たせた」と断言できるが、ブラウンだからわからん。だけど中田はもしかしたら今シーズンはとんでもない活躍をするかもしれない。ライバルチームは、未知数の怖さを秘めた中田を早めに潰しにかかってくる可能性大だ。
 いずれにしろ、まだオープン戦の段階だ。熱心なファンはオリンピックも見ないでファイターズのキャンプからオープン戦に至るまで細かくウォッチして一喜一憂しているが「ご苦労さま」しか掛ける言葉が見当たらない。「ヒマだねえ」という言葉も適当か。「仕事は大丈夫なの?」と質問もしてみたい。「キャンプなんかよりオリンピックのほうがはるかに面白いよ」とも言いたい。
 けっこういろいろ掛ける言葉があった。
 だいたい素人がキャンプを見たってなにもわからないし、オープン戦はオーケストラでいえばゲネプロ。ゲネプロ見たって意味ない。特定の選手のおっかけ、というなら話は深く理解できるけど。それにしたってそのエネルギーの使い方は正しいのだろうか。発電とかに使ったほうがエコだと思うぞ。
 本番は公式戦だ。オリンピックで生涯を賭けた真剣勝負をする選手たちの殺気を見て、特にそう思った。カーリング男子決勝の張り詰めた空気はすごかった。全試合の解説を担当した例のカーリングおじさんとアナウンサーが中継終わりに2人でお互いの労をねぎらうという場面も目撃できた。謎の友情。あれってストックホルム症候群みたいなものか?
 そんなんで、まだファイターズの戦力分析とか順位予想とかは到底できる段階ではないので、もう少し小平奈緒の動画を見ることにした。

        

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。