スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

バナナ饅頭で金メダル! バンクーバーまで6日!

夢の先

 今朝の帯広はマイナス2℃だった。ここ数日はマイナス25℃の朝が続いていたので、一気に20℃も気温が上昇したことになる。息子が所属する野球少年団の屋内練習場はうだるような暑さでリタイア続出だった。
 池田町といえば、全国的にはワインで有名な十勝の小さな町だ。その後、ドリカムの吉田美和が出て、またもや有名になった。ちなみに中島みゆきと吉田美和とTBSの安住アナは帯広の進学校である柏葉高校の卒業生だ。
 池田のワインは味があれだし、原料のブドウはフランスからの輸入だし、そんなこんなで今ではすっかり人気がなくなった。スーパーやコンビニに行けば1000円以下のおいしい輸入ワインがずらっと並んでいるので、わざわざ高くて味があれな十勝ワインは地元の人間でも買わなくなった。
 ついでに言えば、北海道ではチーズづくりも盛んだが、国産チーズはどうして値段がべらぼうに高くて、おまけに味がまったくさえないのか。こうしたチーズの製造者はフランスのチーズを食べたことがないのだろうか。
 そんな池田町だ。町の象徴であるワイン城は閑散として今では廃墟と見まがうばかり。いつでも止まっている観覧車がよけいに哀しさと切なさを増幅させる。
 ハッピネスデーリィというアイスクリーム屋さんとバナナ饅頭だけが最後の灯火だ。バナナ饅頭も味はあれなわけだが。
 幕末、会津を逃げ出したうちの祖父が入植した土地がこの池田町だ。なのでこの町には強い愛着がある。なんとかもうすこし元気になってもらいたいものだ。
 そんな池田からバンクーバーへ飛び出し、メダルに最も近い男と言われているのが長島圭一郎だ。前回紹介した及川の2コ下。同じく代表の太田明夫も長島、及川と同じ池田高校だが、彼は基本、網走の人間。
 長島は、池田町は利別産という生粋の池田っ子。買い物はいちまるに行っていたとしか考えられない。
 そんな長島は「スポーツイラストレイテッド」誌のバンクーバーメダル獲得予想でめでたく銀を獲得すると予想された。しかし、あの雑誌はふざけている。今シーズンの長島は選手としてキャリアのピークにいる状態だ。
 そこでこちらもメダルの予想。長島が獲るのは金メダル。及川が銀を獲って池田町ワンツーだ。そして「金メダルバナナ饅頭(金粉入り)」が発売されて、長島はCMキャラクターになり、「え、バナナ使ってないの?じゃあなにでできてるの?」と驚く感じのCMが放送されるであろう。あとバナナ饅頭片手に「俺より人気あるの?いやあ、それはそれで微妙だなあ」というバージョンも。
 そしてバナナ饅頭は爆発的な人気になり、池田町はすっかり元気になるでしょう。めでたしめでたし。

ま、味はさておき

        

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。