スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

エースへのレクイエム

 いよいよ待望のキャンプイン。野球ファンの誰もが春の到来に浮かれているというタイミングで流れた斉藤和巳の「再手術、今季絶望」というニュースは衝撃的だった。キャンプ前日の公式発表というところからも、斉藤と球団にとって、これがいかに苦渋の決断だったのかがうかがえる。
 ここ2年ほどのパ・リーグは後世のプロ野球ファンに語り継がれるだろう「エースの時代」を迎えている。岩隈、杉内、涌井、田中将大、ダルビッシュというハイレベルなエースたちの競演がシーズンを通して繰り広げられている。今シーズンも、彼らの真剣勝負を何度となく堪能することができるだろう。
 プロ野球ファンにとっては至福の時代である。
 ここに斉藤和巳がいれば、と考えてしまうパ・リーグファンは多いはずだ。斉藤和巳というエースがいれば、ここ3年間の日本プロ野球の「地図」はまったく違ったものになっていたかもしれない。
 復帰は絶望的だろう。例によって、ファンの間にはベタベタした優しさが横行しているが、客観的に考えればわかることだ。
 ファンは誰もがわかっている。斉藤和巳は肩にメスを3度も入れ、実戦から長期にわたって遠ざかっている。年齢も30代半ばになろうとしている男だ。
 斉藤は現役に強い執着を見せるが、球団が彼にここまでの忍耐強い温情を見せるのは、斉藤を将来の指導者候補と考えての処遇なのではないか。
 ロッテの華やかなエースであった黒木知宏の凋落に合わせるかのように登場してきたのが斉藤和巳だった。斉藤は黒木と同じ道をたどる気がしてならない。

春はまだ遠い

        

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。