スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

稲葉よ、ハイチを見ろ

 大学生のとき、同じ研究室に留学生がけっこういた。中国人と韓国人とガーナ人とオーストラリア人とアメリカ人とインドネシア人とモンゴル人。
 最大勢力は韓国人で4人いた。全員が男だったので、彼らとはよくいっしょに遊んだ。1人は酒癖が悪くて、韓国焼酎を飲んでは泥酔して韓国語でなにやらわめきながら街中で大暴れしていた。
 彼らは、グループに1人紛れ込んだ日本人学生に繊細な心遣いをしてくれた。お互いが話しをするときは必ず日本語だった。たとえ韓国人同士でも、こちらに気を遣ってたどたどしい日本語で会話するのだ。「別に俺に気を遣うことないから、韓国語で話せよ」と言ったことがあるが、彼らはニコニコしているだけだった。
 日本と韓国の問題も、彼らの理屈は単純明快だった。「韓国は、国としては反日、でも僕は君と友達。国家は国家だが、個人は個人。それにもう世代が代わった。日本と同じだよ。鬼畜米英なんて本気で思ってる日本人がどれだけいるんだい?報道されているような強い反日感情を持っている韓国人など韓国では会ったことがないね」ということだ。
 留学生と遊んでいて感じたのは、世界の中で日本人だけが少し特殊なのではないか、ということだった。
 あるとき、中国人、韓国人の留学生たちと研究室でお茶を飲みながら、嫌われ者のある学生の悪口で盛り上がっていた。するとタイミングよく当の本人が部屋に入ってきた。こちらは当然、今の今まで悪口を言っていたことなどおくびにも出さず、普通に接する。ところが、やつらは違う。中国人は大きくため息をついて部屋を出て行き、韓国人たちは露骨に笑いやがるのだ。
 あとから中国人に「あなたは、嫌いだ嫌いだと言いながら、その本人が来るとなぜニコニコ笑って普通に話せるのか」と真顔で聞かれた。
 インドネシア人の留学生は厳格なほうのイスラム教信者。1日に5回、西に向かってお祈りするやつだ。
 あるとき、研究室で談笑していると、このインドネシア人が突然、床に敷き物を敷いてお祈りを始めた。コーランをつぶやきながらひれ伏している。その姿を見て、まわりにいた中国人と韓国人とガーナ人とオーストラリア人とアメリカ人はそろってゲラゲラと笑い、真剣に祈るインドネシア人を囃し立てた。
 あとからこの無礼な留学生たちに「ああいうときはバカにしてはいけない。見て見ぬふりをするものだ」と言ったら、「それじゃ、おまえはあの姿が面白いとは思わなかったのか?俺たちは面白いから笑っただけだ。面白いのに笑わないおまえのほうがおかしい」と言い返された。まあ、確かにそうなんだけどさ。
 アメリカが戦争を繰り返す理由もここにあるのかもしれない。「正義が悪をやっつけるのは当たり前のことだ」という論理だ。あるいはヨーロッパが頼まれてもいないのにキリスト教を世界中に布教したのも「だってキリスト教はいいから」という単純な理由が根底にあるのではないか。
 今回のハイチ地震に対する支援もそうだ。「困っている人がいるんだから助けるのは当たり前」。
 日本にも「困っているときはお互いさま」という言葉があるが、これって「お互いさま」の範囲がすごく狭い気がする。向こう三軒両隣。せいぜい同じ村の中だけ、という感じ。エリア外の人が困っていても見えないふりだ。
 たとえば、ファイターズの選手たちは、世間の人よりはるかに金をもらっているのだから、こうしたときには積極的に募金をするべきだろう。それが世の中というものだ。知名度の高いプロ野球選手が支援に関わることは、世間への啓蒙にもなる。
 稲葉やダルビッシュはどうしてなにも行動を起こさないのだろう。公人であるプロ野球選手として募金活動をする場合、NPBや球団の許可を得るなどの煩雑な日本的手続きがあるのかもしれないが、そうした建前はどうでもいい。困っている人たちを間髪入れずに助けるべきだ。 
 なお、このブログを読み終えた後、すぐにハイチへ募金できるサイトをいくつかピックアップしておく。こういうときは考えるより行動だと思う。

Yahoo!ボランティア ハイチ地震救援金
 ここはヤフーのIDを持っていれば壁紙購入という名目で簡単に募金ができる。ヤフオクとかで金のやりとりをしている人はここが手っ取り早い。おすすめ。


ハイチ地震緊急支援ツイッター募金
 ツイッターで「つぶやく」ことで募金できるらしい。ツイッター、やってないからよくわかんないけど。1回、登録したことがあるんだけど、なにが面白いかわからなかった。みんなは本当にツイッターは便利だとか思ってんのか。
 まあ、いいや。ツイッターやってるやつは下らないことつぶやいてないで、ハイチのためにつぶやけ。


日本赤十字社 ハイチ大地震被害の救援金受付け
 募金先として間違いのないところ。アナログ人間が募金できるよう、郵便局と銀行の口座が掲載されている。


ユニセフ ハイチ地震緊急募金
 こちらも間違いのないところ。こうしたときに募金詐欺をやる悪党がいるが許せない。ここのサイトでは現地の状況を知らせるレポートが毎日更新されている。


 帯広に駐屯している自衛隊第5旅団がハイチの復興支援に派遣される可能性が出てきたようだ。
 自衛隊は大嫌いだが、それとは別。もし派遣が決まったらハイチの人たちのためにがんばってきてもらいたい。

        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。