スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

炎上は怖くないけど

 匿名をいいことにブログのコメント欄へ悪質な書き込みをする人々のコメントには暗い負のエネルギーが充満している。
 そうした人々が書いたコメントを読むのはすごくストレスになるので、当ブログではコメント欄をやめて、メールによるコメントのみ受け付けている。
 効果はてきめん。フリーメールで送ってくればいいだけなのに、その根性もないようで、「バカ」「死ね」系のコメントは一切来なくなった。
 理解に苦しむ痛いコメントも激減した。だが、たまに面白いコメントは来る。
「北海道ではジャージで買い物へ行くことは常識なのだ」と書いたら「そんな常識はありません。テキトーな内容で北海道や日ハムのイメージを下げられると迷惑です。」というメールが来た。「誰にどんな迷惑がかかるのですか?」というこちらからのメールに対する返信はなかった。
 どのようなコミュニティにもこうした人たちはいる。日々の社会生活では、こうした人たちとも否応なしに付き合わなければならない。
 自分にとってブログは趣味の部分だ。だから、少しでもこうした人々と付き合うことのストレスから解放されたい。それが、コメント受け付けをメール制にしている唯一の理由だ。だが、メール制にすることで負のコメントはなくなったが、「正」のコメントも減ってしまった。これが悩み。もちろん、コメントをくれる人は何人かいる。当然、そうした人たちとは良好なコミュニケーションが生まれる。男ばっかだけど。
「炎上が怖いからコメント欄を閉じてるんだろ」というメールも来た。これに関してはメールでコメントを受け付けているのだから的外れだ。
 どうも「ブログ炎上」とか「2ちゃんでさらす」ということがネット空間では伝家の宝刀になっている。せっかく面白いブログなのに、どうでもいい負のコメントが100件ほど寄せられただけで、簡単に閉鎖してしまう。
「炎上」も「2ちゃんで祭り」もネット空間の幻想に過ぎないので恐れることはなにもない。罪を犯していないかぎり、普通に権利は守られる。それに「ブログを炎上させてやる」が有効な脅し文句だと思っているような人々は、コメントをメール制にしただけで黙り込んでしまうレベルの人間だ。
 どうもブログを含めたネットの倫理観も、こうしたレベルの連中に支配されているように思えてならない。たとえば、プロ野球のファンブログでも、少し変わった意見を書くと叩かれる。結果として、面白いブログは閉鎖に追い込まれ、当たり障りのないファンブログばかりになっているというのが現状だ。さまざまなプロ野球ブログを読んでみればわかるが、その大半は恐ろしく退屈な内容である。
 こうしたネット空間のエセ倫理観を逆手に取っている洒落たブログを見つけた。
                 外人下宿松風荘日記
 基本は自転車の趣味ブログ。道産子らしいが本当かどうかは怪しい。この管理人は「炎上だ」「2ちゃんでさらすぞ」と騒ぎ立てる仮想空間の聖人君子たちをいいだけからかっている。そして、「ブログを炎上させる」という聖人君子どもの切り札が、実はまったくの無力であることを鮮やかに白日の下へさらしている。

 当ブログへ毎日のように来てくれる常連さんは、アクセス解析を見ると200人前後だと思う。この人たちとは話をしてみたい。読んでくれている人たちと気楽にコミュニケーションが取れるようにコメント欄を開放するべきだ、という意見ももらった。コメント欄をうまくさばく管理人は、コメンターと一体となって良いブログを創り上げているパターンが多い。
 でも「あんたのブログは日ハムのイメージダウンです!」なんていうヒステリックなコメントにいちいち目を通さなければならないのかと思うと、やっぱり嫌だなあ。
 やっぱり当分、メールでコメントください。本当に気楽に。特に女性の方。

カザフスタンの牛たち

        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。