スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

Le Guide Michelin 3

 帯広はただひたすらにしばれている。やはり十勝の真冬はすさまじい。1日中、冷凍庫に閉じ込められている気分だ。 

Le Guide Michelinの評価基準は以下のとおり。

(1つ星) - 特に優れたサイトおよびブログ
(2つ星) - 極めて優れており仕事中でも訪れる価値があるサイトおよびブログ
(3つ星) - それを楽しむ為に金を払う価値がある卓越したサイトおよびブログ

スポーツ語り

 昨年の秋に開設されたばかりだが、早くもブログランキング上位の常連なので、プロ野球ブロガーの間では有名かもしれない。カテゴリーとしてはデータブログになるだろう。野球ファンによるデータブログは、ウィキペディアから数字を引用してきて新聞記事を転載して終わり、というものが多いが、このブログは一味違う。独自の視点から整理された興味深いオリジナルデータは見事だ。データ作成の巧みさからみて、管理人は理系人間なのではないか。管理人本人が認めているように誤字は散見されるが許容範囲。文章には癖がなく読みやすい。こうしたところがますます理系っぽい。淡々とした落ち着いた雰囲気がブログ全体を覆っている。それなのに管理人は20代というのだから驚きだ。見習いたい。更新頻度も文句なしで情報量は豊富である。エントリーのテーマは12球団をバランスよく網羅しており、プロ野球のトレンドはこのブログを見ておけば大丈夫だ。

ブラッサム・ウェイダーの戯言。

 異色のプロ野球ファンブログ。上記「スポーツ語り」と対極にある文学系ブログ。扱うテーマに管理人のセンスが光る。文体も独特。オリジナリティにあふれた上質のブログだ。このような創造性にあふれたブログが増えれば、退屈なプロ野球のファンブログももっと面白くなるだろう。更新頻度は高く、どのエントリーもクオリティが高い。コメント欄もにぎわっていて、コメンターと管理人が共同でブログをつくっているという楽しさも伝わってくるが、常連以外はコメントしづらいかもしれない。☆は2つも考えたが、このブログの独特の雰囲気は好き嫌いが分かれる可能性がある。あるいは読み手を選ぶブログともいえる。客を選ぶ裏通りの酒場のようなものだ。したがって今回は☆1つとした。

Thoughts of Yu
☆☆                
 ダルビッシュ有のブログ。日本最高の投手の心の内をのぞけるのだから、インターネットの普及には感謝するしかない。ファイターズファンのバイブルブログ。
 今までは行間スカスカの「今日の昼はパスタ…めっちゃうまかった♪」的なエントリーが多かったのだが、最近は文章量が増え、その分、本音も垣間見えてくるように思えて興味深い。話題になった先日の変化球を巡る技術論のエントリーではご機嫌で饒舌に語っており、その気取りのなさは好感を持てた。なお、ファイターズファンはダルビッシュ紗栄子のブログも辛抱して読まなければいけない。これはファイターズファンに課せられた義務である。

阿寒富士を望む

        

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。