スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

ファイターズJr.

 なんだかストーブをつけているのに部屋の中が寒い。今日の帯広は1日中寒い。今朝の気温はマイナス22℃。昼間でもマイナス5℃までしか上がらなかった。
 午後6時の気温はマイナス10℃。これから夜半にかけてどんどん気温が下がっていく。東京あたりで「寒い寒い」と震えている人は今すぐに帯広へ来るべきだ。
 テレビをつけたら12月に行われた「12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUP 2009」の試合が放送されていた。こんなのやってたんだ。子供が野球をやるようになってから、こういうのが目に留まるようになった。
 軟式なので間口は広いし、地域性もあるのでこれは面白い試みだ。ユニフォームから帽子までプロとほとんど同じ。出場した子には一生の思い出だろう。
 だが、親のチンドン応援はやめたほうがいい。バカ丸出しだ。少年野球にはそぐわないし、学童野球の精神にも反する。NPBは来年の大会から応援を禁止するべきだ。そうしないと、学童野球との整合性がなくなってしまう。
 我がファイターズジュニアは惜しくも負けたようだが、セレクションを勝ち抜いてきた選手たちだけあってレベルが高い。今回の場合、ファイターズのセレクションには770人が集まり18人が選ばれたそうだ。息子も5年生になったら絶対に受けさせることにした。セレクションは札幌でやるようなので、ススキノで飲める。時期も8月といい按配だ。大通りのビアガーデンでノドを潤してからススキノに行くとしよう。
 ファイターズジュニアの3番の子はライナーでホームランを打ったりして、テレビで見ていても少し違うものがあった。キャッチャーでキャプテンだった子は学童野球なのに盗塁をガンガン刺していた。鶴岡よりも肩が強いんじゃないか。こういう子供たちが数年後にファイターズに入団したりしたら、と想像するだけで楽しくなる。
 このトーナメントは‘05年から始まっているということだ。最初の大会に出た子たちは今年の春に高校2年生。もしかしたら甲子園に出てくるかもしれない。

屋内練習場

        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。