スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

ダルビッシュと賢介はいなくなる

 リーグ優勝した昨年の思い出を肴にお屠蘇を飲む。ファイターズファンにとってはいい正月だ。そんなハッピーなファイターズファンが聞こえないふりをして完全黙殺しているのが、元旦の日刊スポーツ紙の伝えた「ダルが今季終了後にメジャー挑戦の可能性」というニュースだ。
 あるいは、田中賢介が今シーズン終了後のFA権取得をにらみ、球団側が提示した複数年契約を拒否したという年末のニュースも見て見ぬふりをしている。
 この2人が抜ければ、ファイターズの黄金時代は終わる。戦力の均衡は崩れ、暗黒時代へ堕ちていく可能性が大きい。若い道産子ファイターズファンが、まだ経験したことのない、自分の愛するチームがどん底状態になるという恐ろしい状況がすぐそこまで迫ってきている。
 ダルビッシュはかつて「メジャー移籍はない」と断言している。昨年の日本シリーズ直前のブログでは、シリーズでの登板は絶対にないと断言もしていた。もちろん、本人に悪意はないのだが、「想い」というものは口に出した瞬間に儚い霞となって消散するものだ。
 賢介が今シーズン終了後にFA権を行使して他球団へ移籍するのは確実だろう。その気がないのならば複数年契約を結んでいる。「1年1年勝負したいから単年契約にした」というのは詭弁にすぎない。
 ダルビッシュもできるだけ早い段階でメジャーへステップアップしたいだろう。そのことに異を唱えるファンはいないはずだ。球団の財政状況とダルビッシュの希望が合致したときが、ステップアップのタイミングだ。それはもしかしたら今年のシーズン終了後かもしれない。遅くとも3年以内だろう。
 道産子ファイターズファンは、これまで小笠原とマイケルというチームの柱を失ってきた。ダルビッシュと賢介がいつまでもファイターズにいないことなどとっくにわかっているだろう。嫌な初夢ではあるが、これも現実だ。

霧の中へ

        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。