スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

来年いらないもの

 北海道のみのローカル番組になるが、今朝の「FFFFF」年末スペシャルはすごかった。編集のミスでそのまま放送されてしまったのだろうが、まさかダルビッシュがあのような発言をするとは驚きだ。これは大変なことになるだろう。ダルビッシュの衝撃発言を見逃してしまった道外のファンは残念としか言いようがない。
 以上、ウソ。さて、今日から世間も本格的な年末年始モードだ。ここまで見た年末年始特番の中で最も面白かったのは、「笑っていいとも・クリスマス増刊号」で関根勤がやっていた東方神起のモノマネ。久しぶりに本気の関根勤を堪能した。
 ワーストは美川憲一と桜塚やっくんが田舎をブラブラするやつ。ここ2、3年放送している気がするが、あんなもん、誰も見たいと思っていない。まったく面白くない。美川憲一の賞味期限は10年前に切れている。
 もう一つのワーストは海老蔵の密着ドキュメント。なんなのか、歌舞伎役者。その特権意識は何に由来するものなのか。ちーとも偉くないボンボン息子がなんでそんなにそっくり返っているのか。なぜ、マスコミはそれを容認するのか。
 こうした下らない年末年始特番はもういらない。来年から全廃してもらいたい。
 来年、廃止してもらいたいものがあと2つ。
 1つはもちろん年賀状。この数年、みんながうすうす感づいているのだが、年賀状はもういらない。自宅で表も裏も印刷してそのまま投函、もらうほうにしてみたら、チラシと変わらない。紙の無駄。年賀状を出さなければならない、という強迫観念はそろそろ捨てるべきだろう。
 もう1つ、来年はぜひやめてもらいたいのがプロ野球の組織的な応援。下手くそなラッパや太鼓に合わせてみんなで涙ぐみながら、応援歌を歌う。恥ずかしい。すごく恥ずかしい。「チキバン」は関東限定のチャンステーマで札幌ドームは「ジンギスカン」とか真剣に語る姿がこの上なく恥ずかしい。鳥肌が立つほどの恥ずかしさ。そして、一見さんお断りムードの札幌ドームレフトスタンド。仕切りの応援団に合わせて応援しないやつは非国民扱い。まるでベルリンオリンピックを連想してしまう。あの閉鎖的な特権意識は海老蔵と同じレベルだ。
 今の時期はNFLの中継をBSでやっているが、あのスタンドの雰囲気がスポーツ観戦の正しい姿だ。あるいはメジャーリーグの雰囲気。
 野球は選手もファンも1球ごとに考えるという思考のゲームだ。あのへったくそなラッパと気持ちの悪い合唱のどんちゃん騒ぎは、思考を寸断する。
 子供が声を合わせて応援するのはいい。子供だからだ。いい歳こいたおっさんやおばさんが潤んだ目で声を合わせて恍惚の表情で応援歌を合唱する姿は醜い。おっさんやおばさんのトランス状態はカルト宗教を連想させるだけだ。社会主義国のマスゲームと同列。子供じみた思考停止状態の全体主義的な強制応援はもうやめたほうがいい。日本人にはああした全体主義がマッチするのかも知れないが、みんなでうっとりすることは、すごく恥ずかしいことだからね。自分でもちょっとはそう思ってるんでしょ?チラチラ横の人を見たりしてるもんね。

ほんとはちょっと無理してんでしょ?

        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。