スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

怖いブログ

ビート
 
アスリートのブログは、時に思わぬ情報が書かれていたりするので、可能な限りチェックをしている。
 欠かさず読んでいるブログは、ファイターズ関係ではなんといっても藤井の「野球小僧」だ。他のファイターズ選手、いやプロ野球選手全体のブログの中でも圧倒的といえる更新率、脱力系のすばらしい内容と写真。現役野球選手のブログとしては質、量ともに最高峰だ。あとはダルビッシュと紗栄子と吉井コーチのブログは必ず読む。ダルのは野球のことになると凄味のある内容が多く見逃せない。吉井コーチのブログは内輪話と技術論が充実しているのでファンは必見だろう。OBでは大島康徳氏のブログが更新頻度も高く、読み応えもある。それから現在は楽天に所属している今関の「一生感動一生勉強」は地域密着を目指す楽天の活動が垣間見えて面白い。
 他球団まではなかなか手が回らないが、「つば九郎ひと言日記」は必ずチェックしている。つば九郎、最近はふざけぶりが加速している。ふざけすぎだ。B☆Bとは基本的に合わないタイプ。生き方がまるで違うから。お互い、永遠に相容れないだろう。
 野球以外では、大相撲の普天王「どすこい大相撲日記」。本場所中もその日の自分の取組みの解説を交えて毎日更新するところがすごい。しかし、怪我で不振が続き、現在は前頭15枚目。がんばれ、普天王。
 ゴルフの横峯さくら「さくらブログ」、伊達公子の「Always Smile」は単にファンなので読んでいる。伊達公子のブログには、モナコの友達の家のバルコニーからモナコGPを見物した、などのセレブ情報が充実。
 最近、調査を始めたのが、アスリートによる怖いブログ。
 初心者におすすめなのは「亀田三兄弟の親父」。これは予想どおりの内容なのでショックも少ない。入り口としてはいいと思う。
 ラグビー・大八木さんの「ノーサイドブログ」は怖い。大八木、と呼び捨てにできないくらい怖い。呼び捨てにしたら確実にやられる気がする。昔からラグビーは好きで、大八木さんは同志社大学のときから見ている。平尾と大八木さんがいて同志社が無敵だったときだ。秩父宮に大学選手権の準々決勝を見に行ったとき、大八木さんは相手チームの選手を吹っ飛ばしていた。本当に相手が宙に舞っていた。大八木さん、高校のときからスター選手だったのに同志社を留年しているはず。
 ブログは更新頻度が極めて高い。怖いのは、その大半が本人の写真掲載というところ。文章は簡潔で、それがまた恐怖心を増長する。
 だが、見る者にケタ違いの恐怖感を体験させてくれるのはジャンボ尾崎さんの「Jumbo's Report」だ。「さん」づけにするのは大八木さんと同じ理由である。ジャンボさんのブログは、ゴルフという競技、ジャンボさん本人はもちろん、経歴、背景、周辺などが渾然一体となって形容しがたい恐怖をかもし出している。



        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。