スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

坪井、ライバル中田に「毒盛る」?「盛る」。

 坪井が契約更改。残りは林と信二だ。林は前回から上積みなしか、表に出ないオプション付きでサイン、信二は倍増でサインして終わりだ。
 坪井は更改後のインタビューでレギュラー奪取を宣言したようだ。そのためには手段を選ばない覚悟も表明している。日刊スポーツのウエブ版によると、レギュラー争いの脅威になるであろう中田への対策として「メシに毒でも盛ってやる」と考えているようだ。日刊スポーツは「(毒を盛る)とブラック・ジョーク。まさに文字通り、決死?の覚悟で、13年目のシーズンへ臨むようだ。」などと悠長に記事を結んでいるが、坪井ならやりかねない。なんせ坪井は阪神という日本で最も恐ろしい球団でレギュラーを張っていた男だ。ライバルに毒を盛るぐらいのことは簡単にするだろう。坪井のブログを読んでもらえばわかるが、この男は少しキレている。おまけに大人なのにブログに飽きたのか夏から更新していない。そういうことを考慮すると「中田に毒を盛る」というのは本気で言ったに違いない。
 大阪の裏ルートからこっそり、毒を仕入れる坪井。そしてキャンプ地の食堂でコックの変装をして厨房に忍び込み、中田の大盛りカツ丼にこっそり毒の粉をふりかける坪井。毒は相当に苦いのだが、中田は腹が減ってるし、なにしろバカだから気づかずに飢えた野良犬のように一気食い。厨房でその様子を見ながらニヤリと笑うコックに変装した坪井。
 午後の練習というときになって中田は激しい腹痛に襲われる。トイレへ駆け込む怪物中田。黒光りする太く艶やかなウンコをしたらすっきり。単なる食いすぎだったようだ。怪物中田には毒も効かない!地団駄踏んで悔しがる坪井。
 そんな感じである。

師走のバザールのチーズ売り場

        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。