スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

朝青龍の涙

 世の中には治外法権な人というのがいる。国会議員になろうが犯罪者になろうがぶらぶらと過ごしていよう借金踏み倒そうがウソをつこうが、なにをしても世間から笑って許されるという特別なポジションにいる人のことだ。
 例えばマラドーナ。代表監督として大不評のマラドーナだが、社会的地位としては世界的に磐石の治外法権。マイケル・ジャクソンもそうだった。アメリカではモハメド・アリが完全に治外法権であろう。ピート・ローズは実際に社会的制裁を受けているのでよくわからない。
 日本で治外法権の人は誰か。世代に関係なく、誰もが賛成すると思われるのは長嶋茂雄。王貞治は違う。阪神ファンにとっては江夏豊。少年時代、一時期でもプロレスに熱中したおじさん世代にとっては現在のアントニオ猪木は完全に治外法権の域。芸能人では松田聖子。キョンキョンは違うが松田聖子は治外法権。 
 ある年代以上の人には美空ひばりであり、石原裕次郎であるかもしれない。欽ちゃんは治外法権になろうと狙っているのがあからさまだから違う。計算している人は治外法権にはなれない。
 ファイターズファンの治外法権は、ぐっとスケールは小さくなるが新庄。ヒルマンは違う。ファイターズファンは、現役時代の新庄によるピントのずれまくった「ど派手パフォーマンス」を菩薩の心で耐えた。引退後、糸の切れた凧のごとく迷走する新庄のことも暖かく見守っている。新庄は治外法権だから。
 意外だったのがタイガー・ウッズ。かわいいのは1人目の愛人だけ、膨れ上がった14人という愛人の数、などなど正統派ゴシップまっしぐらだったのだが、まさかこんなことで謹慎するとは夢にも思わなかった。ゴルフはどこの国でも共感を得にくいスポーツなのか。
 今、治外法権入りの最有力候補は朝青龍。今夜の「ジャンクSPORTS」で号泣するらしい。それを見て「朝青龍の苦悩を初めて知った」とか言って朝青龍ファンになるおばさんとかたくさん出現しそう。スタジオで号泣したあと、サラリーマンは行けないような高級クラブでどんちゃん騒ぎして翌日の稽古をさぼっているかも知れないのに。
「ジャンクSPORTS」がどのような展開になるのか。細木数子は登場するのか。
 目が離せない。 

霧朝

        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。