スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

どちら様ですか?

 東京の人間を「気取っている」と毛嫌いし、老若男女問わずどこへ住んでも関西弁で押し通し、阪神タイガースとお好み焼きとたこ焼きの悪口を言われると反射的に相手に襲いかかる関西人を見ていると、大阪文化圏というものの存在を認めざるをえない。
 東京の人間にそんな現実を突きつけるのが、突然テレビに登場する大阪文化圏のタレントだ。お笑い関係はステップを踏んで「東京進出」するからショックは少ない。それ以外のタレント、具体的に挙げるなら「ミヤネ屋」の人とか。 この人は当たり前の顔をして、突然、自分の名前を冠したワイドショーで登場してきた。そして、関西文化圏以外の日本人が「このおじさんは誰なのか?」と疑問を抱く間も与えないほど、「ミヤネ屋」の人はベテランの余裕と大物感を漂わせている。やしきたかじんも大物感満点だが、何者なのかいまだにわからない。これらのタレントに共通しているのは和田アキ子と仲がいいということだ。どっちが何の目的で取り入っているのかは不明だ。
 日高晤郎が東京進出すれば、やしきたかじんクラスの唐突さはあると思う。

知らんよ

 
        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。