スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

さらば野球小僧

 押尾学が巨人のユニフォームを着てガッツポーズしているので、もう釈放されたのかと思ったらFA浪人藤井が巨人入団決定というニュースだった。
 小谷野の登録名が来季から「ふじいあきら」になることが決まったので、ファイターズにとっては、混乱を防ぐという意味でも結果的に藤井退団はよかったのかもしれない。同じチームに藤井とふじいではややこしいから。
 それにしても、藤井は巨人にしちゃったか。年棒は1000万ダウン、背番号も屈辱的な「99」。おまけに今回の藤井騒動で選手会は巨人フロントに対して「FA選手を救済してもらった」という借りをつくってしまった。これは尾を引くのではないだろうか。優れた策略家であった古田が会長となって、単なる親睦団体だった選手会は正当な労働組合に脱皮を遂げた。だが古田退任後、選手の権利を守る労働組合としての選手会の機能はナベツネの思惑どおり、見事に消失してしまった。
 今では、日本プロ野球選手会は「たかが選手」と思っている経営陣の意のままになる傀儡団体に過ぎない。
 今回の藤井騒動で、FA権は形骸化するだろう。選手の自由は再び奪われた。セ・リーグ最多勝投手である藤井の、プライドをずたずたにされた卑屈な笑顔がその象徴だ。巨人というのは恐ろしい組織である。
 さよなら、野球小僧。

札幌と違って馬券買うのも近くていいや

        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。