スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

林、徹底抗戦

 日本シリーズ第5戦、変な打ち方で同点タイムリーを放ち、ファイターズファンに悲鳴を上げさせた大道は契約更改で300万ダウンも、その分は「有馬で取り返す」と宣言した。いかにも師走らしいコメントで素晴らしい。
 今朝の道新スポーツによれば、この大道に同点タイムリーを打たれた林は、契約更改での徹底抗戦を宣言したようだ。
 リーグ優勝の立役者であるファイターズ黄金の中継ぎ陣のうち、菊地は4.5倍増という高評価だが、林、宮西、江尻はいずれも微増という不可解な査定。
 菊地は3500万、宮西3800万、江尻3600万、林が4000万というのが球団の査定額だ。つまり、球団が考える中継ぎ投手の価値は3000万円台だということが見えてくる。菊地が大幅にアップしたというより、菊地の値段を中継ぎ陣の相場に合わせたと考えたほうがわかりやすいだろう。
 生え抜きである宮西と江尻は球団に屈してサインしたが、これは間違い。フロントがどのような懐柔策を取ったのかはわからないが、プロ野球選手は故障すればそこで終わりだ。活躍したシーズンには最大限の要求をしておかなければならない。宮西と江尻はそういうことも考えて戦うべきだった。
 林の態度は正しい。先発転向は微妙だけど。

あんたは金くれないんだろ?黙ってろよ

        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。