スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

「ハムきゅん+」に胸きゅん

 一番のお気に入りは人には教えない。自分だけの大切な宝物だから。でもファイターズファンのみんなへ今回は特別に教えてあげる。
 数あるファイターズファンのブログ。これまでいくつか面白いものを紹介してきたけど、実は最も好きなブログは内緒にしていた。それは「ハムきゅん+というブログ。クオリティの高さではこの「ハムきゅん+」がファイターズのファンブログの中では日本一だと思っている。書いているのはfrancheskaというブロガー。今回のエントリーは大好きなfrancheskaへのラブレター。

大好きなfrancheskaへ

 元気にしてる?最近、ブログを更新してないね。ダルビッシュの契約更改のことを書いたのが最後だから、もうずいぶんさぼってるぞ。いつもfrancheskaのブログを楽しみにしているから更新が待ち遠しいよ。
 今年のファイターズは楽しみだね。ダルビッシュは最高の仕上がりで開幕を迎えそう。もしかしたら開幕戦で160キロのストレートを投げるかもよ。先発投手は揃っているし、久は去年休んだ分、今年はやってくれそう。斎藤佑樹の活躍、ワクワクするね。ホフパワーとオビスポの新外人コンビもやりそうだよ。俺のお気に入りの金子誠は絶好調だしfrancheskaお気に入りの糸井はすごい成績を残す予感。中田翔はホームランを何本打つかな。小谷野と賢介も長い戦線離脱にはならないようだからよかったよ。
 今年は札幌ドームに来ないの?もし来れるなら、今年こそはすすきのでいっしょに飲みたいね。それとも俺がそっちへfrancheskaに会いがてら野球観戦に行こうかな。
 もうすぐ球春だ。シーズンが始まったら、またファイターズの話をたくさんしようね。ブログの更新を楽しみに待ってるよ。大好きだよfrancheska。
 がんばってね。

        
スポンサーサイト

斎藤どうでしょう

 もー、由規ぃ!ないわー!そりゃないわー!
 思うに由規、初回の中田との勝負でアドレナリンが大分泌して実戦モードに切り替わってしまったんじゃなかろうか。 
 さて、キャンプからオープン戦へとフェーズも移行して3月、いよいよ球春到来だ。話題性では斎藤の影に隠れていた澤村と大石が実力でスポットライトを浴びている。ダイナミックなフォームから重そうなストレートを放り込む澤村や大石に比べると、斎藤どうでしょう。斎藤にマッチする言葉は「無難」ではないだろうか。すべてを如才なく無難にこなすマルチな男という感じ。
 これが人によっては物足りないらしく、ファイターズファンの間でも「斎藤どうでしょう」論が静かに静かにくすぶっている。特に野球経験者に「斎藤どうでしょう」という声が多い気もする。あのー、さっきから「水曜どうでしょう」にかけてるんだからね。
 これを読んでいるみなさん、今、その場でピッチャーの投球フォームを真似してもらいたい。チェックしてほしいポイントは投げ終わったあとの右足の裏の位置。左足をキャッチャー方向へステップして投げたあとに、右足の裏を天井に向ければ向けるほど、体重が左足に乗ることがわかると思う。腕をフォロースルーしてから足の裏をきっちり上に向けると、体も左方向にぎゅっとひねられるのが実感できる。今すぐ試してみて。ほら、早く。
 右足裏を上に向けることで、エネルギーは体の右半分から左半分へ完全に移動し、さらに、ひねりによって、このエネルギーは腕から指先、ボールに伝わるわけだ。これが中学校の理科で習ったエネルギー変換の法則。だっけ?
 右足の裏をきっちり見せるというこの投げ方がベーシックな投球フォームだ。メジャーの投手で、投げ終わった後に右足が1塁方向へ流れる投手が多いのもこの理屈。体重移動とひねりがしっかりできているからああなるわけだ。松坂もそうでしょ?マエケンあたりが極端に右足の裏を見せているからわかりやすいかも。澤村、大石の豪快な印象も、右足の裏を真上になるまでひねり上げているのが最大の原因だ。
 斎藤のピッチングフォームに迫力が感じられないのはこの部分。斎藤のフォームはステップ幅が小さく、件の右足も申し訳程度にしか跳ね上げない。つまりすごく手投げっぽい。ストレートもなんか性格そのままの素直な軌道。
 だけどここまで4イニング無失点。なんとなく無難に抑えてしまっている。きのうは現在の日本球界最高の左打者である青木を難なく抑えてしまった。斎藤と対戦した打者からよく出てくるフレーズが「揺れる」という言葉だ。低目に制球された斎藤のストレートは揺れるらしい。これは打てない。バットに当たっても凡打の山だ。
 キャッチボールするみたいな迫力のないフォームで魔球を投げる斎藤。底知れない。ファイターズはとんでもない怪物を入団させたものだ。恐らく日本球界では、誰も斎藤の魔球を打てないだろう。
 連続イニング無失点記録は金田正一の64イニング。1試合7イニングずつ投げるとして遅くとも6月中旬に、斎藤はこの金田の記録を抜き去るだろう。
 まだ誰も気づいていないが、斎藤は恐るべき投手なんだよ。本当に。
 あと、故障者続出問題だけど、絶好調マックをセカンドにしてショートを杉谷にすればいい。サードは簡単なポジションだから小谷野が戻ってくるまで日替わりでしのげる。中田は三冠王になるんだし、糸井はさらに進化している。ホフパワーは久しぶりの大当たり助っ人。ダルビッシュは間違いなくキャリア最高のシーズンになる。たぶん25勝。久のきのうのキレキレストレート、見た?あんなの誰も打てないよ。今年のファイターズはどこよりも選手層が分厚い。悲観的になる要素は一つもない。ファイターズファンよ、ここぞとばかりに悲鳴を上げて騒ぎなさんな。ギャアギャアうるさいよ。今年は楽勝で優勝だから。

ファイターズの夜明けぜよ

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。