スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

ハンカチ王子改め?

 父が京都人なので、子供のときは阪神ファンだった。昭和50年代の話。当時の東京は巨人一色。その東京で小学生が阪神ファンを貫くのは大変なことだった。贔屓の選手は藤田平。中村勝がリードオフマンで田渕が4番。遠井は晩年だった。ラインバック、ブリーデン、アルトマンあたりが助っ人。池辺、池田の池池コンビや佐野、榊原あたりが外野。江夏、古沢、上田がローテーション、山本和がクローザーに転向したのもこの当時のはず。ちなみに球史に残る、阪神コーチによる審判暴行事件もテレビ神奈川の中継で目撃している。あれは呆気にとられた。
 昭和50年代のタイガースは誠に正しいタイガースだった。夏までは勝ち負けを繰り返し、「死のロード」で一気に失速してシーズン終了というパターン。ファンは宿敵巨人を倒すことだけを夢見て弱小球団を応援し続けた。
 1985年。真弓、岡田、掛布、バース、佐野、平田、木戸といった選手が全盛期を迎え、タイガースは日本中を熱狂させながら一気に日本一まで登りつめた。
 阪神ファンを辞めたのがこの年。巨人戦でのバックスクリーン3連発をきっかけに阪神フィーバーが加熱、「にわかファン」が瞬く間に増殖するさまを見て、白けてしまった。それまではゆっくりと観戦できた神宮のヤクルト戦までプラチナチケットになってしまった。小学生のときから東京で、時にはイジメにあうほどの思いをしながらタイガースをずっと応援し続けてきた俺はなんなのだ、という想いが噴出し、黄色いメガホンをそっと床に置き、阪神ファンを引退したものだ。
 さて、斎藤を巡る大騒ぎ、親愛なる我が同志たちはどのように感じているだろう。具体的には、韓流スターや綾小路きみまろや氷川きよしと同じ目線で斎藤を追っかけている、ファイターズファンでも野球ファンでもないおばちゃんたちをどう思うか、斎藤1人を追いかけまわすワイドショーをどう思うか、ということだ。
 ファン心理というのは極めて繊細なもの。根底にあるのは独占欲と嫉妬。例えば、あるシンガーに目をつけてファンになる。まだ誰も知らない才能を発掘した喜びに浸っていると、そのシンガーがブレイク、ファンが急増する。この段階で古くからのファンは先住権を必死になって主張するが、そんなものはブレイクの大波に粉砕されてしまう。残るのはかすかな嫉妬だけだ。最近ではいきものがかりのブレイクでそんな思いを味合わされた。俺だけのものなのに、いきものがかり。
 斎藤をドラフトで獲得したとき、多くのファイターズファンはここまでの大騒ぎを予想していなかったのではないだろうか。だって、今までもファイターズはダルビッシュ、中田翔という大物を獲得してきたけど、こんな騒ぎにはならなかった。去年の菊池雄星だって特番なんか放送されなかったように思う。
 なんだかなあ、と思ってしまう。ファイターズファンの多くは、この狂騒にそろそろ食傷気味になっていることだろう。そして「斎藤は我らがファイターズの選手なんだけど…」というファンとしての軽い嫉妬。
 で、マスコミ諸兄は斎藤のニックネームを決めかねているようだ。斎藤ってすごくプレーンで、最もあだ名をつけにくいタイプだから無理もないけど。北海道のテレビを見ていると日テレ系のSTVあたりはてらいなく「佑ちゃん」呼ばわりしている。フジテレビ系のUHBは「斎藤投手」と呼ぶケース多し。
 そろそろ呼び方、決めようぜ。ハンカチ王子でいいじゃん!どうでもいいじゃん!斎藤は俺たちファイターズファンのものなんだからもうそっとしておいてくれよ!
 それにしても、プロのマウンドで1球も投げていない斎藤を巡る大騒ぎ。阿藤快の口調でもう1度繰り返すけど、なんだかなあ。
 
          
スポンサーサイト

ダルビッシュ25歳5億円、俺45歳500万円

 経営コストで大きなウエイトを占めるのは人件費だ。これは労働単価が極端に高額なプロ野球の球団経営においては特に顕著だと思われる。
 北海道日本ハムファイターズ平成22年度の選手年俸総予算は25億円と推定された。現在の日本を取り巻く経済状況から鑑みて、来年度の予算も25億円だと思われる。予算を増額できる要素がないからだ。
 さて、きのうのダルビッシュの契約更改でファイターズ選手の来年度年俸総額は26億円を超えた。
 だが、ファイターズファンはすでにご承知のとおり、これは1年だけの時限予算だ。今シーズン、25億円を超えた部分に関しては24年度に帳尻を合わせる。つまり今季と来季の2年間で予算総額50億円にするということだ。
 こうした金勘定をしてみると、チームに残りたかった賢介が残留できた事情も見えてくる。ベテラン勢の相次ぐ大幅年俸ダウンの結果、皮肉にも賢介へ支払える余剰金が発生したわけだ。
 もしかしたら稲葉、信二、金子といったベテラン勢は今季限りで引退するかもしれない。そうすれば来季もダルビッシュに支払う報酬を確保できる可能性はある。だが、ダルビッシュは当然、今季も例年どおりの活躍をするだろう。そうなると今季のベースアップ幅から推察するに来季年俸は8億円に達するかもしれない。
 かつて落合が日本球界で初の1億円プレーヤーになったとき、「1億円」という数字が一流選手の証となった。現在はダルビッシュの5億円が基準となる。これ以上の高額年俸を支払える日本の球団は巨人と阪神くらいではないか。
 西武が涌井の年俸を露骨に抑えようと試みているのもこうした事情からだろう。あるいは12球団の経営サイドが申し合わせて選手年俸を抑制しているのかもしれない。そのスケープゴートが涌井だ。
 書いているうちにどうでもよくなってきた。人の財布の金勘定をしてもむなしいだけだ。やめた。

モスクで祈りを捧げる人たち

        

涌井の安月給

 去年は年頭所感エントリーでファイターズ日本一奪回のキーマンとして信二と金子誠を挙げたら、チームはBクラス、信二と誠は怪我で長期離脱となった。縁起悪いから、今年一発目のブログではそういうこと一切書かない。
 最近、ブログの更新が滞っているのはTwitterにハマっているから。あっちでちょこちょこと書くエネルギーを放出しているので、なかなかブログを書く意欲がわかない。そういう人、多いと思う。ダルビッシュもそのうちの1人だろう。ブログの更新頻度は大幅に低下しているが、Twitterでつぶやきまくっている。そして、これが新聞ネタになる。若い兄ちゃんの何気ないツイートをいちいち取り上げて記事を1本書くスポーツ新聞の姿勢って少し簡単すぎなんじゃないの?
 ダルビッシュのツイートを巡っては、離婚に関した一連の騒動が大きな話題になった。あ、ちなみにこの件でダルビッシュに言っておきたいのは、結婚は1回か2回は失敗したほうがいいよってこと。経験者が言っているのだから間違いない。
 最近では平野綾のフォローが話題になった。平野綾ってその筋では圧倒的人気を誇る女性らしい。そこにダルビッシュが凸したので大きな話題になった。まったくどうでもいいことだ。
 そして年末に新聞記事になったのが、ダルビッシュが涌井の契約更改について「涌井、かわいそうやなー 」とつぶやいたこと。
 冷静に数字だけを見ても、涌井、かわいそうやなー。ダルビッシュと同期、成績は拮抗、ダルビッシュは田舎チームのエース、涌井は大西武が親会社の首都圏のチームのエース。ダルビッシュは恐らく今年の年俸総額は5億に達するだろう。涌井は2億。涌井でなくても「うそーん」と言いたくなる。
 ところがこの同情発言に対して「あんためっちゃもらってるからいいね でも一般人からしたらすごいことって認識もっときよ! 一生働いて数億なんだからね!」「何がかわいそうなんだろう?前年比で業績下げて報酬増を言うのは野球界だけ。しかも億を超えての話。同情はしない。NPBは破産寸前なのに。日本シリーズよりも大学選手権という現実を考えたほうがいい」「選手生命短いといえど、今まで稼いだ給料は、すでに一般サラリーマンの生涯年収を遥かに超えてるというのに…欲深い」といった反論がダルビッシュのTwitterに寄せられたのだ。
 異常。礼儀知らず。面識のない、それも敬意を表すべきスタープレーヤーに対して「あんた」呼ばわりしたり、「現実を考えたほうがいい」と説教したり「欲深い」と言ったり。ネットの特性を活用して無礼三昧。こいつら、死ね。
 ダルビッシュが面白いのは、こうしたしょーもない連中にこそ真正面から対抗していくところ。ファンフェスの「あっちむいてホイ」でも人柄がにじみ出ていたけど、ダルビッシュって本質はすごく人がいいのだと思う。
 ダルビッシュはこう答えている。「自分達がプロになれたのは他を捨てその道を進んできたから。 なのに選手生命は短いんです。現役が終わったら普通の人より生きていくのが難しいです。 だから活躍した時は必死に交渉するのが当たり前でしょう」。これで無礼三昧なバカ連中も沈黙した。ザマーミロ。
 10歳になるうちの息子は北海道の多くの野球少年と同じく、将来はファイターズの選手になるのが夢。365日のうち350日は野球の練習をしている。
 昨シーズン、怪我に泣いた菊地雄星は小学3年で野球を始めてから家族旅行に行ったことがないという。わが家も息子が野球少年団に入ってからはそういう状況。野球をやっている小学生ってみんな同じだと思う。
 そうやってすべてを野球に捧げても大半の若者はプロ野球選手になれない。なおかつプロ野球選手になれても成績を残せるのはそのなかの一握り。そしてダルビッシュが指摘しているとおり、故障すればそこで現役生活は終わり。
 涌井の査定が不当なのは明らか。あれは球界全体の選手待遇を抑えるための恣意的な戦略。西武だけの問題ではない。
 ちなみにここで紹介したダルビッシュの「自分達がプロになれたのは他を捨てその道を進んできたから…」というツイート、まったく報道されなかった。こういう活きた言葉こそ野球少年に読ませるべきなのに。スポーツ新聞の記者ってバカ。

初詣

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。