スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

北海道シリーズ

風景

 今朝の札幌の気温は4℃。薄曇りで風はなく、穏やかな朝である。
 シリーズを観戦するため昨夜、東京から友人がやってきた。空港からそのままススキノへ行き、久しぶりに痛飲したのだが、友人は北海道の寒さに驚いていた。             
 北海道に住んでいるとわからないのだが、空気の冷たさが東京とはまったく違うらしい。ススキノからホテルまで歩きながら、泥酔した東京の友人は「なんだ、この寒さは。なんだ、この寒さは」と呪文のように繰り返していた。
 ふだんは意識しないことだが、人間も動物なので、環境に順応して生きている。たとえば、北海道の人間が真冬の東京へ行くと、しばらくはTシャツで過ごせる。北海道の寒さに体が順応していて、真冬でも東京は暑く感じるのだ。だが、3日もすると体が東京の気候に慣れて、寒く感じるようになる。
 巨人が試合前日に札幌入りしたのは、大きなミスになるかも知れない。
 巨人の選手は昨晩、あるいは今朝、札幌の切るような冷気に触れて驚いているだろう。確かに試合を行う札幌ドームは空調管理されている。だが、外は寒い。人間の体が順応するのは、ドーム内の人工的な環境ではなく自然環境に対してだ。巨人の選手たちが、わずか1日でこの厳しい北海道の気候に順応することは不可能である。
 試合が行われる時間帯は、気温が急速に下がるときだ。巨人は環境に対応できないまま、いわば激しい時差ボケの状態で大事な試合を戦うことになる。
 ファイターズの選手たちは、この北海道の気候の下で調整を重ねてきた。体は北海道のリズムで動いている。今朝の寒さにもなにも感じていないだろう。
 日本シリーズの札幌ステージはファイターズ有利である。
 

        
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

泣くな菊池雄星

 運命のドラフトの朝である。なんちゃって。
 菊池君はどこに指名されても「泣き」の記者会見になりそう。
 少年野球を指導していても、とにかく子供たちが泣く。それはね、努力して全力を出しての悔し涙、嬉し涙というのは出る。これは抑えられない。美しい涙だ。でも、最近の子供は、少年野球に限らず、泣きの頻度が高いような気がする。
 自分が子供のときは、小学3年生くらいになったら、もうクラスメートの前では泣かなかったと思う。かっこ悪いから。かっこ悪くて泣くのを我慢した。今の子は、大した理由と思えないのに、人前ですぐ泣く。
 進路を表明した記者会見のときの菊池君の涙。あそこは泣くところではない。我慢するところだ。まあ、まだ18歳の子供がああいう立場になったら、感情の制御は困難なのだろうが、これからがもっと大変なわけだし。
そもそも高3のあの時期は誰でも大変なわけでしょ。希望の進路に進めなかったからといって、他人の前で泣いてしまったという人、世の中にいったいどれくらいいるのか。普通は泣かない。我慢する。泣くのをこらえるのが男だ。
 泣くといえば、フィギュアスケートの織田も泣きすぎだ。勝っては泣き、負けては泣いている。すごくみっともない。男のくせにいちいち泣くな。我慢しろ。
 菊池君、今日はわれわれ野球ファンに最高の笑顔を見せてくれよ。みんなが君の活躍を楽しみにしているのだから。
 ファイターズは菊池君を外したら、どうするのだろう。リストには挙がっていないようだが、甲子園でクレバーな印象が強かった堂林君、フォームが美しかった常葉橘の庄司君の2人は将来性があると思うから獲得したら面白いと思うが。
        

ガッツへの想い

 テレビ東京の深夜番組「モヤさま」の「落合南長崎編」で、好きな選手は加倉井と南村だという巨人狂の八百屋のおじさんと、同じく巨人狂の三村がそろって今年のMVPに指名したのはガッツだった。「ジャイアンツは小笠原が来てから変わったよねえ」。三村がしみじみと言っていた。巨人ファンから見た小笠原の現在のポジションってそんな感じなのだろうか。
 移籍後のガッツはほとんどモニターしていない。そもそも巨人が試合をしているときは、だいたいファイターズも試合をしている。したがって、巨人の野球を真剣に見るのはファイターズとの交流戦のときぐらいだ。それに、ファイターズのガッツは大好きだったが、ガッツ個人のファンというわけではないわけだし。阪神へ行った片岡や下柳と同じだ。あるいは、おかわり君のファンだが、西武のファンではない、というのとも同じ。イチローは好きだがマリナーズには何の関心もないというのも同じ。もういいか。
 07年の札幌ドームにおける交流戦で起こったガッツへのブーイングは物議をかもした。個人的には、あのブーイングは当然だと思う。だってガッツはファイターズを捨てた男なのだから。どんなに良心的に解釈したって、ガッツがファイターズを捨てたのは紛れもない事実だ。  
 ブーイングというのは日本人には合わないと常々思っている。なんか無理がある。今シーズン、松坂がフェンウェイパークでブーイングを浴びていたが、あれは日本人にはない感覚だ。日本ではKOされた味方のピッチャーにブーイングなど決して浴びせないだろう。いや、阪神ならあるか。ブーイングよりもっときつい野次が。
 だが、札幌ドームでのガッツへのブーイングは、ガッツに対する愛憎、捨てられた恨みと哀しみ、巨人というチームを選択したガッツの生き方、ガッツの実力、などのファンの想いが噴出した魂の切ない叫びともいうべきブーイングだった。その点で、日本では稀有の、極めて正しいブーイングだったと思う。
 あれからずいぶんと時間が経った。以来、札幌ドームでガッツに対してブーイングが起きたことはない。少なくとも今は敵の主軸ということ以外にファイターズファンはガッツに特別な感慨を持っていないのでは。
 ガッツとのこの距離感は、ヤクルトファンと現在のキャプテン稲葉との距離感と同じようなものだと思う。うちの息子はガッツがファイターズにいたことすら知らない。
 
        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

喝!

親父は檻の中

 今日は日曜ということもあって、巨人の情報収集をしたというファイターズファンも多いのではないだろうか。これは他意がなく事実なのだが、普段、北海道では巨人の情報がほとんど入らない。だから日本シリーズで対決、となって初めて、巨人のスタメン、ローテーションなどを調べるという道民ファイターズファンってけっこういるのでは。
 そういうわけで、巨人の公式HPを見たのだが、ファイターズのとは全然違う。
 巨人のHPはファンが欲しい細々データが充実している。いつもはパ・リーグの世界しか見ていないから、こういうのはすごく新鮮に感じる。これから巨人の戦力分析をしてシリーズに備えなければ。
 今朝の「サンデーモーニング」でファイターズOBである大沢親分とハリさんは、2人そろって日本シリーズは巨人が有利だと言っていた。そんなことはわかっています。ファイターズファンの多くもそう思っているはず。今の巨人は、お得意の金にモノを言わせる補強と生え抜きのバランスが絶妙で死角が見当たらない。ファイターズにターボを装着した感じのチーム力。強いチームだ。
だけど、2人ともファイターズにいたんだから、少しはフォローしてくれ。
 親分とハリさんに喝だ!こんなもん!
        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

ファイターズ無事優勝

 北海道民にとっては夢を見ているような展開で武田久が登場。ところが、前日の高山に続いて代打の大崎が同点タイムリー。もー、誰なんだよ、大崎って。しかし、武田一浩が解説するファイターズ戦は初体験だったのだが、静かなガンちゃん風ですごくよかった。さすがにOBだ。久が登場したとき、「あれ?武田久の前にセーブ王取ったの僕でしたっけ?」とか「武田久はプロの投手としては背が小さいのにすごい。で、僕は171センチですが」などと、優勝がかかった場面でいきなり自分を猛烈にアピールしていたのが笑えた。
 結局10回裏、金子誠の打席のときに優勝が決まった。金子がファウルフライを打ち上げたとき、この先のクライマックスシリーズのことが心に引っかかっているファンの誰もが心の中で「ま、いっか」とEAST END × YURIみたくつぶやいたわけである。そこから胴上げまで長かった。
 優勝後のインタビューでは、梨田監督のはしゃぎぶりが目立った。北海道弁で言うと、おだっていた。決めのフレーズが「ファイターズファンは宇宙一です」だったが、サンパレスを思い浮かべた道民も多かったのでは。
 後半のインフルエンザ騒動の苦労を聞かれたとき「いやあ、得意のダジャレも言う余裕がありませんでした」とアナウンサーにそれとなく振っていたが、アナウンサーが鈍くて気づかなかったので大事には至らなかった。ああいうところでダジャレは絶対にやめて。
 この鈍いアナウンサーは金子誠に「え?だからそれは今言ったんですが」とだめ出しされていた。リーグ優勝のインタビューはベテランのアナウンサーにしてくれ。和久井とか。
        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

歓喜の瞬間

 なにが驚いたって、きのうのSTV、本当にファイターズの中継を打ち切っていた。ファイターズが逆転していたら、どう責任を取るつもりだったんだ木村洋二。日高晤郎だって黙っちゃいないぞ。
 さて、今夜は北海道にとっては、ファイターズのリーグ優勝というとてもおめでたい、喜ぶべき祝いの歓喜の夜となる。では、道民はその瞬間をいかにして見るか。ドーム観戦できる幸運な4万人以外はテレビで、ということになる。
 GAORAは当然のごとく試合開始から中継。解説は光山英和氏。偉いのはNHKのBS1だ。プレミアリーグの中継予定を差し替えてファイターズの優勝決定を伝えてくれる。おまけに解説はなんと武田一浩。新しく球界のセーブ王になった武田久が胴上げ投手となる瞬間に、かつてファイターズのセーブ王だった武田一浩のコメントが聞けるなんて、ファンには至福の時である。NHKなのになんとも粋な計らい。受信料、払ってやるかな。
 地上波は特番シーズンなので差し替えは難しそうだ。だが、北海道だけの話なのだから、各局の英断を期待したい。STV(日テレ系)は「踊る!さんま御殿」のスペシャル。個人的にはここ、差し替えてもなんの支障もないと思うけど。HBC(TBS系)は亀田祭り。全国的にはこの番組が最も注目を集めるのだろう。北海道では誰も見ないだろうけど。まあ、これは差し替え不可能。UHB(フジ系)は志村のバカ殿。これも人気番組なので差し替えは無理だ。おまけにU字工事が出るので、ファイターズよりこっちを見てしまいそうな自分が怖い。HTB(テレ朝系)はぷっすまのスペシャル。こんなのは差し替えたほうがいい気もするが、江頭2:50が出る。難しいところだ。TVH(テレ東系)は「ミリオン家族SP」という家族でかくれんぼして賞金をもらうやつ。これはテレ東が最近「大食い」に続くスペシャルものとして力を入れてるから差し替えろというのは酷。
 どうでもいいや。とにかく今夜、優勝を決めてくれ。頼むぞ糸数。昨晩の稲葉の魂の3塁打、あるいは8、9回の森本、スレッジ、金子誠、賢介の気迫のバッティングを見ていると、今日で間違いなしとは思うのだが。

雨の花売り
        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

内川でいいのか?

 昨日、日本プロ野球界に衝撃的な出来事が立て続けに2つ、起こった。
 一つは言うまでもなく、ファイターズが優勝を逃したことである。ファイターズフリークの友人は、当日券で観戦できそうだという情報を得て、仕事を早退してきのうの午後3時に帯広から札幌へ向かった。車で峠を越えて3時間かかる。先ほどメールが来て、今日も観戦するらしい。ファイターズが優勝するまで札幌に居座る決意をしたようだ。
 仕事、大丈夫なのか。
 きのうの試合を見て、ファイターズファンとしてライオンズファンに、どうしても聞きたいことがある。「高山って誰?」と。
 あの一発がなければ、スウィーニーは6回まで行けた。そうすれば救援陣もどっしりと構えられた。そして優勝した。3回の小谷野のツーベースで4-1になったとき、ファイターズファンは誰もが「あ、ワンサイドになる。」と思い、優勝を確信したはずだ。北海道中が祝祭ムードになった。そうした夢を粉砕したのが、直後の高山の2ラン。
 しつこいようだが、ライオンズファンにお伺いしたい。「で、高山って誰?」。
 さて、昨日、日本プロ野球界に起こったもう一つの衝撃的な出来事は、今朝のスポニチを見ればわかるとおり「横浜・内川がフジ・長野翼アナと真剣交際」というニュースだ。
 2人はWBC期間中に知り合ったらしい。なるほど、WBCの活躍はそういうわけだったのか、内川。まさにWBC秘話。それにしても内川か。
 長野アナ、好きだったのに。
        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

パ・リーグのMVPどうでしょう

 今夜、リーグ優勝するファイターズだが、さて、パ・リーグMVPは誰になるのだろう。まともに考えたら、圧倒的な輝きを放ち続ける世界のエース、ダルビッシュだろう。だが、セーブ王を獲得した武田久もチームへの貢献度ではダルに匹敵する。この2人が有力だが、世界の4番打者である稲葉も3割をキープすれば打点は80を超えているし、優勝の原動力といえる存在なので十分に資格はある。昨夜放送されていた「神様に選ばれた試合」のイチローとのWBC秘話、泣けた。
 でも個人的には金子。3割でキャリアハイの本塁打に60打点。こんな9番打者は野球史上に類を見ない。春先の大活躍、7試合連続2塁打という前人未到の大記録の樹立。日本プロ野球史に「史上最強の9番打者」として永遠にその名を刻印されることは間違いない。年齢的にもMVPを獲るなら今年しかないのでは。
 金子でどうでしょう。

直線

        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

優勝の夜

 いよいよ今夜、ファイターズのリーグ優勝が決定する。北海道移転後の6年間で3回のリーグ優勝。まさに黄金時代、野球王国北海道を象徴するチームである。
 北海道民は記念すべき瞬間をどこで迎えるのだろう。ドームで優勝を祝い、ススキノへ繰り出す。これがベストのパターン。
 でも月曜だから、大半の道民はテレビ観戦となるだろう。試合開始が18時なので、定時になったらダッシュで帰宅するしかない。
 新聞のテレビ欄を見ると、STVで18時16分から中継が入っている。試合開始は18時なのだが、どさんこワイドでフォローするのか、明石。しかし中途半端。星澤先生の料理コーナーをカットして試合開始から放送できないものか、木村洋二。おまけに放送は19時56分までで、放送延長の気配がない。STV、まさか胴上げの瞬間を生中継しないつもりか。19時56分になったら、たとえ稲葉の打席でも中継を打ち切って「しゃべくり007SP」を放送するつもりか。武田久がマウンドに上がっても「松山ケンイチ…暴走徳井の股間をパンチ」なんかを放送するつもりなのか。
 お茶の間観戦のファイターズファンはGAORAで優勝の瞬間を見るしかないようだ。解説はガンちゃんだし。
 道民のみなさん、今宵はガンちゃんの名調子で優勝を祝い、勝利の美酒に酔おうではないか。
        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

クライマックスご一緒に

 わがファイターズはソフトバンクに4-2で危なげなく勝ち、いよいよマジック1、明日には間違いなくリーグ優勝を決めてくれるだろう。今日は武田久を温存、という手もあったと思うが、明日はスウィーニーの完投勝ちを期待しよう。
 さて、次はクライマックスシリーズだ。2007年のクライマックス元年、ファイターズはリーグ優勝を果たし、クライマックスはマリーンズに3勝2敗。昨年は第1ステージでオリックスに連勝、第2ステージで西武に2勝4敗で敗れて敗退している。トータルで7勝6敗というのがファイターズのクライマックスシリーズにおける成績である。勝ち越してんじゃん。現在のチームの勢いをみていると、第1ステージは楽天が勝ち抜けるのではないだろうか。ファイターズファンとしては楽天は怖い。世間的にも楽天がシリーズへ進出して、野村楽天と原巨人が対決、というのは盛り上がるだろうし。
 だが、ファイターズには日本シリーズで落合ドラゴンズにリベンジするという、志の高い大目標がある。
 したがってファイターズはクライマックスシリーズを3連勝で制し、日本シリーズでは4勝1敗で落合ドラゴンズを退けて日本一になるのである。
 楽天の躍進を楽しみにしているみなさん、残念でした。
        

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。